プロフィール

suzy333

Author:suzy333
マキ・コスチュームの牧野です。どうぞよろしく!衣装はみんなこちらで製作しています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


今日は、ハロウィンだ!!

長い事カナダに住んでいたせいか、日本のハロウィンは物足りない・・・

元々習慣がないのだから、仕方が無いんだけれど、クリスマスには及ばないまでも、
近所のふつうの民家でありながら、お化け屋敷風に、くもの巣にお墓、お棺まで置いて
ドライアイスのような煙まで出ていて・・・

かぼちゃを切りぬいたランタンは、定番だけれど、秋の風景とハロウィンの飾りつけはぴったりマッチしていて、きれいだったなー

仮装させて 暗くなると、近所に「トリック・オア・トリート (Trick or Treat) 」と言いながらノックして、お菓子をもらう。
子供達が小さかった頃は、寒くて凍えるような日もあったけど、よく着いて回ったものだ!

バックにいっぱいお菓子がたまる。子供たちはこの日が大好きだ!
大人は、チョコレートやキャンディーを買い込み、玄関であげる準備も大変だった。

ニューヨークが、雪と言うことは、今夜は寒いんだろうな!
楽しいハロウィンを過して欲しい!
Happy halloween!

モデル撮影

秋晴れのさわやかな一日

今は、照明器具も買ってみたので、撮影準備中
撮影準備中
ちょっと、ドキドキ
お知り合いにモデルをお願いした。

黒ボレロ付 白黒かわり水玉
まだ照明、暗い気がする!?

上手く撮れているだろうか?
何と言っても、カメラマンは私・・・

不出来だったら、笑って許して!
衣装は、マネキンが着るのとは全く違って、生き返るようだ
ご協力、本当にありがとう!

急に、ひんやりした秋の夜長、今度は 写真の切りぬきに挑戦する!

ホームぺージに、そのうちアップします
こちらへ

マキ・コスチューム
今日は、休みなので朝からジムのバレエ・レッスン行ってきました。
大好きなバレエが、この年になっても出来るなんて思わなかったけれど、
この数年、はまっています。
先生に、手首回さない!! フラメンコじゃないのよ!?
ってやっと怒られなくなりました。

私の仕事は、衣装屋なので、数々の舞台衣装を作っています。
娘のトモは、小さいときからそんな私の傍にいて、縫物の楽しさを覚えたみたい・・・

でも、こんな衣装は 誰が考えたのか??
とにかく、カナダ生まれカナダ育ちだから、ちょっと感性が違うのかな?

もういい年なのに・・・マミ見て!!とメールで写真が送られてくる。
去年か一昨年だったか??毎年びっくりさせられる。

タコ? ジャなく、イカだそうです!!
タコ?

この頃、ちっともメールが来ない。
たぶん、徹夜で衣装作りをやっているに違いない!
Happy Halloween!
なんて、暖かいんだろう!
10月末とは思えないくらいだ。

店もこの頃やっと活気が戻ってきたようで、嬉しい。

衣装を作っていて、最後の飾りつけは、楽しい。
店の子と、こっちが良い?可愛い!?
あれこれ、ぶつぶつ言いながら、仕上げていく。

シンプルのまま?

赤ボレロ付 白赤水玉ワンピース
やっぱり、フリルつけた方が豪華かな?
P1040453_飾り付縮小
うちの衣装は、2つと一緒の衣装がない。
すべてオリジナルだけど、いつもその時の気分次第!!
一日、26時間あったらな!?
最近、朝早く起きるしか、仕事が終わらない。
なんで、ブログなんか始めちゃんたんだろう・・・

今日は、会計士のKさんが 毎月1回監査にやってくる日だ。
先月のスペインの経費計算は、今朝ぎりぎり終わった。
事務処理は、大嫌いだ!

会計士のKさん会計士のKさん


ついでに、彼は花嫁募集中らしい!
いつも、お世話になってます。
今日もダメだしかな・・・?すみませーん。
昨日は、リビアのカダフィ大佐が死亡したニュースで もちきりだった。
独裁政権と聞くと、キューバを思い出した。
滞在するホテルやリゾートは、近代的なのに、一歩街中や、居住区に入ると 貧しい暮らしぶりがあった。
30年以上前に初めて行ったスペインより、ずっとずっと昔のまま、時間が止っていた。
平和そうだったのが、救われる。
戦争は、嫌だ!

現実に戻ろう。
お客さまは、忙しい時にやってくる。
たまたま、うちのスタッフが休みと早退で、私一人。

お二人のお客さま。ブラウスとスカートをお探しだった。

お一人は、バーゲンのツーピースを早っ 見つけご試着、
ちょっとスカート丈と上着が長かったが、ぴったりにお直しする事にして・・・

もう一方は、7~8枚のブラウスをご試着され、スカートは一目でお気に入りの無地に花柄フリルのが決定。
更に20%offの刺繍入りの豪華シージョを付けて、お直し代入れてもお二人とも50000円以下。
お二人とも、とても喜んで帰られ、私も嬉しい。
2
こんな、感じの1着でした。

今、ユーロもドルも安いし、店の商品は 円高還元セール真っ最中です。
この店を、始めた頃は、スペインはペセタだし、ドルは200円以上だったので、衣装は12万円以上していて、
お客様にには申し訳なかった。
カナダに住んで 向こうで仕立てたてていたので、送料もかかったし、往復の飛行機代も今の倍以上だった。
本当に、円高だけの要因ではないが、衣装は昔の半分位のものが主流になりつつある。
時代が変わったのかな??


とにかく、頑張りまーす。




9月に、へレスに行ってきました。
ベンディミア(収穫祭)の最後 フィエスタ・デ・ラ・ブレリーア観てきました。
6時間ぶっ通しのフラメンコ、闘牛場で飲みながら 雰囲気は最高だったのですが、ちょっとヒターノの一族のうるささに耐えられなくなって 後方へ・・・

10211縮小

10212縮小

小さくて、見えるかな~?
マキコスチュームのマキです。
初めて、ブログに挑戦してみました。
これから、楽しくスペインの話や 踊りの事、衣装の事書いていきたいと思います。


10213.縮小

カディスの海で~す。

 | ホーム |